上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三菱商事 ボランティア
来年の3月まで継続的に被災地に社員を送り込む予定
10人ずつ3泊4日 延べ1200人
社員はボランティア休暇を取得して参加
会社は交通費や宿泊費など負担
グールデンウィーク以降 個人で参加するボランティアが急激に減る中で
企業だからできる域の長い支援です。

アマゾンドットコム
ネット通販アマゾンのほしい物リスト
避難所が今求めているものの情報が公開されています。
これを見た人はアマゾンを通じて商品を購入して被災者に届けることが出来るのです。

被災地では未だに11万人が避難所に被災者がいる。
すかいらーく 毎日2000食分の炊き出しを継続


ありがとう 三菱商事の方々
ありがとう すかいらーく

がんばろう東北

パートナーと一緒に宮城を復興しよう




スポンサーサイト
被災地で赤ちゃんのいる母親にとってミルクとおむつが不足していました。

フィンランド在住の竹本悦子さん
被災地の母親がミルクの確保に苦労していることを知り、
紙パック入りで長期保存のできるミルクを贈ることに。
「被災地は水もない電気もない大変な状態なので
このミルクならすぐに赤ちゃんに与えることができるので
子供を持つ母親に喜ばれるものだと思いました。」

竹本さんは、現地に住む友人らの協力で募金を募り
ミルクを購入。
それをどうやって現地に輸送しようか

ツイッターでつぶやくことに
【輸送会社に届くまでRTお願い】
フィンランドから、赤ちゃん用紙パックミルクを被災地へとどける準備があります。
・・・・・・・・・
輸送手段がありません。
ご協力いただける運輸会社ありますでしょうか?

東京に住む清水知美さんが反応
ツイッターやフェイスブックを活用し、
どこにミルクを必要とする母親がいるか?
どうやて現地まで輸送するか?

3月下旬 フィンランド航空が協力し無料で日本まで輸送
ボランティアグループの協力で5月に被災地の母親に無事届けられました。

フィンランドの竹本さんに被災地の母親たちから感謝のメッセージが届けられました。


遠いフィンランドからたくさんの方の協力で、
これだけの活動ができることに感動と驚きでいっぱいです。


ありがとう竹本さん・清水さん


がんばろう東北



婚活応援福島
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。