上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霧のいけうち  埼玉県
元々は半導体などの洗浄に使っていた技術を応用して開発

エアコンの変わりに打ち水の原理を使った冷房

霧の10分の1の細かい粒子の水を出すことによって、
蒸発しやすくして空気を冷やす効率を高めています。

こうして作った冷えた空気を工場全体に送り込む。

エアコンと比べると使用する電力は10分の1
気温も最大で10度下げることができます。

空気に打ち水をするというようなイメージで水を使うことによって
電気代も少なく、自然エネルギーに近い状態で冷房出来ることで
震災以降、製鉄所、データーセンター、養鶏所など
10倍以上の引き合いを頂いています。


ダイキン工業株式会社

エアコンの室外機に打ち水をすることによって
エアコンの消費電力を15%下げる
空調器ですぐにできる節電の提案


江戸時代からの打ち水
街中を涼しくするシステムは出来ないでしょうか!
スマートグリッドと組み合わせて快適な自然に優しい街が出来るといいですね。

がんばろう日本

パートナーと共に福島を復興しよう!
福島婚活応援

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。