上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
六ヶ所村再処理工場の有り方

封印されたコスト論争

再処理する方が、そのまま処理されるよりコストが2倍ほど高いとの試算結果が出された。

積極的に情報を公開し国民の十分な理解を得る必要がある
電力会社 幹部
試算を積極的に公開することはいかがなことか?」
電気料金が高くなろうと、再処理事業に投入していく必要がある。」

旧 動力炉核燃料事業団 幹部
「高速増殖炉実用化を目指す方向で議論を進めている。
公表の仕方は配慮願いたい。」

公表を辞めるようにとの意見が相次ぎ
コストに基づいて計画の放棄もやむを得ないとの意見も出たが、掻き消された。

計画の見直しを発言した 武田修三郎(元東海大学教授)
「止める止めないの議論をしました。
でも止めたら大変なことになってしまう。
2兆とか3兆とかの建設費を確約したら誰が責任を取るのかと。
電力会社にとっては、高速増殖炉(FBR)とか再処理は自分たちの夢で
国民にことは考えてない。」

平成16年11月
原子力委員会 新計画策定会議 技術検討小委員会でも
再処理はコストが2倍高いとの試算が発覚。
政府、電気事業連合会などさまざまな機関でも
同じように再処理は高くつくとの試算が出された。

見直し論が高まったが、
コストが2倍高いことを無視し、
政策を変更するにはコストがかかるとして 核燃料サイクルを継続させた。

日本原燃サービス 元社長 豊田正敏氏
「いわゆる高速増殖炉族というのがいます。
原子力政策を見直すということは、
なかなか抵抗が多くて難しい。

問題は、経済性、安全性にあります。
プルサーマルを選ぶくらいなら直接処理の方がいいじゃないかと思っていた。」

福島原発事故を受けて、「減原発」を掲げた政府。
核燃料サイクルの見直しの議論も始めた。
今年6月に行った復興支援ライブの収益金を被災地へ寄付
6/11 6/12 東京ドームで行われた
東日本大震災復興支援チャリティーライブ
ライブ収益金 6億7000万円

氷室氏
「本来だったら自分の手でこのお金を被災地に持っていくべきなんでしょうが、
今ロサンゼルスに戻ってきているので なかなかそういう訳にいきません。
そこでプロジェクトに携わっていただいたニュースZEROにお願いします」

村尾キャスターが代理人として
岩手県知事
宮城県知事
福島県知事に
それぞれ 2億2307万円を寄付

寄付金がどのように使われるのか目に見える形にしたいという思いがある。

寄付金のそれぞれの県の使い道

岩手 震災孤児や遺児のための岩手の学び希望基金
宮城 医療施設や、福祉施設の再建

福島 被災者に対しての義援金、福島子供寄付金

ありがとう氷室京介さん!
各自治体は、被害者意識だけ持つのではなく
いかにこのような善意を、有効に使い復興につなげていけるか重大な責任があります。

がんばろう東北
霧のいけうち  埼玉県
元々は半導体などの洗浄に使っていた技術を応用して開発

エアコンの変わりに打ち水の原理を使った冷房

霧の10分の1の細かい粒子の水を出すことによって、
蒸発しやすくして空気を冷やす効率を高めています。

こうして作った冷えた空気を工場全体に送り込む。

エアコンと比べると使用する電力は10分の1
気温も最大で10度下げることができます。

空気に打ち水をするというようなイメージで水を使うことによって
電気代も少なく、自然エネルギーに近い状態で冷房出来ることで
震災以降、製鉄所、データーセンター、養鶏所など
10倍以上の引き合いを頂いています。


ダイキン工業株式会社

エアコンの室外機に打ち水をすることによって
エアコンの消費電力を15%下げる
空調器ですぐにできる節電の提案


江戸時代からの打ち水
街中を涼しくするシステムは出来ないでしょうか!
スマートグリッドと組み合わせて快適な自然に優しい街が出来るといいですね。

がんばろう日本

パートナーと共に福島を復興しよう!
福島婚活応援

三菱商事 ボランティア
来年の3月まで継続的に被災地に社員を送り込む予定
10人ずつ3泊4日 延べ1200人
社員はボランティア休暇を取得して参加
会社は交通費や宿泊費など負担
グールデンウィーク以降 個人で参加するボランティアが急激に減る中で
企業だからできる域の長い支援です。

アマゾンドットコム
ネット通販アマゾンのほしい物リスト
避難所が今求めているものの情報が公開されています。
これを見た人はアマゾンを通じて商品を購入して被災者に届けることが出来るのです。

被災地では未だに11万人が避難所に被災者がいる。
すかいらーく 毎日2000食分の炊き出しを継続


ありがとう 三菱商事の方々
ありがとう すかいらーく

がんばろう東北

パートナーと一緒に宮城を復興しよう




被災地で赤ちゃんのいる母親にとってミルクとおむつが不足していました。

フィンランド在住の竹本悦子さん
被災地の母親がミルクの確保に苦労していることを知り、
紙パック入りで長期保存のできるミルクを贈ることに。
「被災地は水もない電気もない大変な状態なので
このミルクならすぐに赤ちゃんに与えることができるので
子供を持つ母親に喜ばれるものだと思いました。」

竹本さんは、現地に住む友人らの協力で募金を募り
ミルクを購入。
それをどうやって現地に輸送しようか

ツイッターでつぶやくことに
【輸送会社に届くまでRTお願い】
フィンランドから、赤ちゃん用紙パックミルクを被災地へとどける準備があります。
・・・・・・・・・
輸送手段がありません。
ご協力いただける運輸会社ありますでしょうか?

東京に住む清水知美さんが反応
ツイッターやフェイスブックを活用し、
どこにミルクを必要とする母親がいるか?
どうやて現地まで輸送するか?

3月下旬 フィンランド航空が協力し無料で日本まで輸送
ボランティアグループの協力で5月に被災地の母親に無事届けられました。

フィンランドの竹本さんに被災地の母親たちから感謝のメッセージが届けられました。


遠いフィンランドからたくさんの方の協力で、
これだけの活動ができることに感動と驚きでいっぱいです。


ありがとう竹本さん・清水さん


がんばろう東北



婚活応援福島
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。